プロフィール

スタッフ

ワインのショウズ宮長(1987年創業)のオーナーとしてフランスを中心に産地を訪問し大小を問わず生産者と交流し親密な関係を築いているつもりです。日本からの提案と彼らからの情報を得、相互の理解を深めそれを顧客の方々に還元できればと思っております。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 世界のワインメーカー3名来店! | メイン | バローロにマルコ&ティッツアーナ・パルッソを訪ねる。 »

2012年11月12日 (月)

ブルゴーニュ 伝統と情熱がほとばしるワイン造り

現地訪問記念 Jun.2012

6世代にわたる伝統、ほとばしる情熱からブルゴーニュワインのエレガンスを極致的に表現するアルベール・ビショー。1831年バルナーる・ビショーによって創立された名門ネゴシアン。また3つのドメーヌを所用(ロン・デパキ、クロ・フランタン、パヴィヨン)。現在の社長アルベリック・ビショー氏の総指揮により造り手としても「葡萄」「人」「自然環境」を重視・尊重するブルゴーニュワインの雄。その実践を見聞するため、6月27日28日の両日にわたりブルゴーニュの中心都市ボーヌを訪れた。

旧友というべきシャーモス氏とともに私以下4名の訪問団はポマールにあるドメーヌ・パヴィヨンに。1993年からアルベール・ビショーの所用になる。10年来行われている有機農法を実践。コルトン・グランクリュ「クロ・デ・マレシャード」独占単一畑などの有料畑を所有している。ブルゴーニュの伝統的なやり方である開放された木桶による醸造。赤ワインは、近年、そこに層になった金属パイプを入れ、発酵前に10℃に維持している。フリーランを桶下部から抜き、そのまま地下にある樽に重力のみで送る。残りのキュヴェを混ぜパワーとフィネスを得ている。白ワインは、ソフトにプレスするためプレス機内部にラバーがある。ムルソーやピュリニー・モンラッシェは圧搾し木樽に直接いれ発酵。マコンは、発酵後、ステンレスで10カ月熟成。一見、民家風の醸造所だが、中に入ると伝統的な醸造所の設備にこうした近代的合理性を加え、ワインの品質向上を図っている。

さらにボーヌにあるビショーの醸造所へ。そこで私たちを迎えてくれたのは、同社テクニカル・ディレクター アラン・セルヴォー氏。同社のドメーヌワイナリーならびにネゴシアン全般のワイン造りを統括。世界最大規模のワインコンクールである「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」(イギリス)にて04年と11年にそれぞれ「レッド・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」「ホワイト・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞という快挙を成し遂げた伝説のディレクターだ。彼は、眼鏡をかけて醸造脇の研究室から出てきて、しばし私たちと歓談した。物静かな柔和な顔で黒く日焼けしている。握手した時の厚みのあるゴワッとした感触。ビショーワインの証のような人物に思えた。

そして試飲に入る。

白4点 赤5点

印象的だったのは、シャーモス氏のコメント。コルトンシャルルマーニュ・ドメーヌデュパヴィヨンの供出温度は12℃の場合は前菜、14℃は魚介系、16℃は白い身の肉系、17.18℃は強いチーズにあってくるというくだりと、赤のコルトンG.C.マレショードの前と後にこの白を飲むと赤の後では、より甘みとフルーツ香が強く感じるという話した。

次に同じくボーヌにある本社を訪れる。その客間に現れたのが現社長のアルベリック・ビショー氏本人。ビッグネゴシアンのトップとは思えない気さくさとユーモア。同社のみならずブルゴーニュワイン全体の品質向上に貢献している人物。私たちショウズのことも熱心に聞いてくれる。去年の日本の大震災にあたり、多額な支援も寄せ、この地での慈善活動であるオスピスドボーヌ教会への寄進でも中心的役割を果たしている。

昼食をはさみ、コートドニュイの畑を見て回る。ヴォーヌロマネ村ロマネコンティ、グランエシェゾー、エシェゾーの各グランクリュ畑にシャンボールミュジニー一級畑レ・アモンリューズを立て続けに廻る。途中降っていた雨がやみ、ぬかるんだ泥灰土の黄土色の土が靴裏にまとわりつく。畑から白色、黄色、赤色の石片を3つ拾い、丘の上からそのすそのにある土壌を説く。情熱ほとばしるこの地への愛着を強く感じる。ニュイサンジョルジュのクロ・フランタンを見学そして試飲へ。

伝説のグランクリュ・シャブリ・ムートンヌをはじめ、5点の白、ビショーのネゴシアンワイン7点を用意してくれていた。

夜にもボーヌ市内屈指のレストランで食事をはさみ、シャーモス氏と歓談は続いた。

かつてピエール・アンドレ社からの付き合いのあるシャーモス氏とは、12年以上の交友がある。ビショーに移り、この地への思いは、以前にも増して強くなっているようだ。私たち4人へのきめ細かい気遣い。レストランで食事と絶妙なハーモニーを見せたワインたち、アルベリック社長のユーモアと笑顔に懐の広さを感じ、テクニカルディレクター アランセルヴォー氏の日に焼けた顔のしわ。この地に生きる生産者たちの魅力ある人間性を強く感じた。

(石黒)

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

西洋創作とワイン ショウズ 宮長 のサービス一覧

西洋創作とワイン ショウズ 宮長